生と死について学ぶ場として。身近な人を失った悲しみを分かち合い、いのちについて考え行動する開かれた場になる事を目指しています。

生と死について学ぶ場として

生と死を語り合う集い

生と死やいのちについて、率直に語り合う場です。今年度は、「人と人とのよりよいつながりを求めて」というテーマで、「いじめ」の問題や、「医療の現場での医療者と患者とのよりよいつながり」などについて、さまざまな立場の人と、自由に語り合いたいと思います

つむぎ茶論

日時毎月第2土曜日 14:00~17:00
※2017年5月13日(土)はお休みします。
会場〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-8-11 
東京YWCA会館  2F 214号室
「NPO法人・生と死を考える会」
内容

死別体験者の有無に関わらず、死生観、医療関係の話題についてサロンとして話しながら交流する場です。

科学技術の著しい進歩や「想定外」の災害の中にあって「いのち」を取り巻く環境は複雑化してますます見えにくくなっています。今、我々を生きているいのちを思い「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々どこへ行くのか」などについて、お茶の飲みながら語り合う文化を醸成していくことを目指します。
そして、来るべき「人生90年の時代」を最後まで自分らしく生きることができる「良き生・良き死」についての理解を紡ぎ合いながら深めていきます。

参加費会員500円、一般1,000円
対象関心のある方どなたでも
申込方法

お問い合わせ・お申込はこちら